脱*標準広告人

インターネットという大海原に「個」の存在を示す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あと7年後の未来

(株)NRIがweb上で公開している
[クリエイティブ産業への変革のシナリオ]というムービがよくできていて面白い。

ITmedia:2/5付記事
『2015年、テレビは「ニコ動」化する?――NRIが示す未来像』から引用

90年代後半以降に生まれ、子ども時代からネットや携帯電話、iPodなどが当たり前だった若年層を「デジタルネイティブ」と名付け、彼らに“刺さる”メディア像を検討した。

デジタルネイティブ層の性質を探るため、先の調査(同社が全国の15~79歳の男女1200人を対象に行ったメディアに対する調査)から、傾向の異なる5つのグループを抽出。

そのうちメディアに最も敏感な層を「デジタル自由人」、次にメディアに敏感な層を「トレンドフォロワー」と名付け、デジタルネイティブは「デジタル自由人」と似た性質を持っていると想定した。

デジタル自由人は20代が中心。ネットを中心に利用し、半数近くが「テレビがなくても困らない」と回答する。ただ動画投稿サイトではテレビ番組をよく見ており、創作活動への参加意識も強い。トレンドフォロワーはテレビを中心にメディアを利用する30代中心の層で、コンテンツの評判やランキングを気にする。

デジタルネイティブとトレンドフォロワー双方に受け入れられるメディアなら、一般にも広がっていく力があるはず。そんな想定で次世代テレビのシナリオを描き、イメージ映像化して公開した。



生まれたときかからインターネットもモバイルも
当たり前に存在している「デジタルネイティブ」による
メディア接触状況の変化。

さらに新しいテクノロジーを使いこなす「デジタルネイティブ」が
誕生することで起きる、コンテンツ産業の変化を描いた作品となっています。

今後のメディアロードマップを
考えていく上でも非常に参考になりました。

個人的にはインターネットが誕生したことで
既存産業が変化し、新たな局面を迎える
ダイナミズムにワクワクします。

という訳で
そんな日本総クリエイター化の未来を感じながら、
最近、友人から教えてもらった気になるコンテンツを紹介。

[メタル布教活動としてCrazyTrainのギター弾いてみた]



コンテンツの出来のよさもありますが、
単純に美脚が気になっているだけかも。。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/14(木) 20:31:11|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<moleskinのソフトカバーノート | ホーム | うそまてょんほあそうそう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokkkoisho.blog51.fc2.com/tb.php/11-981109ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

UNIQLOCK

UNIQLOCALENDAR

月別アーカイブ

最近の記事

ご一緒にこちらもいかがですか?

あわせて読みたい

育てるんだわさ

プロフィール

mojaometal

Author:mojaometal

tweet!!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

お客様

ようこそ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。